おおかみこどもの雨と雪

2012年に公開された映画
『おおかみこどもの雨と雪』のネタバレと感想です。

Sponsored Links

おおかみこどもの雨と雪 あらすじ

物語は雪の回想から始まる。
母が好きになった人は狼男でした。

国立大学の学生の花はある日、大学でひとりの男性に出会う。
教科書も持たず、大学の出席表も出さずに教室をでる彼を追いかけ話しかける雪。

徐々に親密になっていく二人、クリスマスの夜、男はついに秘密を打ち明ける。
自分がニホンオオカミの末裔でオオカミと人が混ざり合いその血を受け継ぐ最後の存在であるという秘密を花に打ち明けた。
ただ花の思いは変わらず、その後二人の子供を授かる。

二人は幸せに暮らしていくが、ある日おおかみおとこである彼が亡くなってしまう。
幼い子供たちを残して…。
そして母として子供達を育てる決心をする。

おおかみこどもの雨と雪 感想

アニメーションなのでありえないでしょ!
というツッコミはなしで笑

全編を通じて

花の
雪の
雨の

それぞれのストーリーが魅力的に描かれていました。
そして心温まる作品でした。

おおかみおとこの彼との間に生まれた二人の子供達に課せられた問題

人間として生きるか?
or
オオカミとして生きるか?

この決断を10年間という子供達の成長過程の中で巧みにみせ、子供達の成長とともに出てくる様々な問題

生活
病気
学校
人間関係

という身近な問題の描写もあり、ファンタジーだけではなくリアル感も出していましたね。

Sponsored Links

狼としての自分に違和感を覚えていく雪
人間としての自分に違和感を覚えていく雨

この二人の葛藤を年齢を重ねていく中でうまくみせていたと思います。

そして行き着いた決断は

人間として生きることを決断した雪
狼として生きることを決断した雨
母として雪と雨の決断を尊重した花

3者3様のドラマがあり引き込まれました。

最初は
お転婆な雪
甘えん坊な雨
という構図でした。

とどちらかというとオオカミっぽい性格をしていたのは雪の方でした。
これをラストに逆転させてしまうとは。

この雪と雨の決断この作品をみているうちに花目線でみるようになったため雨の決断は非常に悲しく、気持ちの良いラストではありませんでした。
笑って雨を送り出した花の気持ちを考えると・・・

しかも雪は中学校から寮生活で今はあの家に雪一人・・・
かなりせつないですね。

この映画を観ると不思議と2児の母親の気持ちになります笑


1点だけ気になったのはオオカミの父親の死。
あの死に何か意味を持たせてほしかったですね。

ただストーリーとしてすばらしいと思います。


⇒おおかみこどもの雨と雪の原作でその後は?


おおかみこどもの雨と雪作品データ

■公開日
2012年7月21日

■主題歌
アン・サリー 『おかあさんの唄』

■興行収入
42.2億円
2012年映画興行収入:5位


⇒日本映画興行収入ランキング2015!


■予告


Sponsored Links

■ 関連記事