青空エール 漫画 ネタバレ

2015年に完結し、すでに300万部以上売り上げている漫画『青空エール』
原作の河原和音さんは別冊マーガレットで『素敵な彼氏』という新連載も始まりましたよね。

今回はその青空エールの漫画のあらすじと結末や最終回についてみていきたいと思います。
※ネタバレが含まれるためご注意を!

Sponsored Links

青空エールの漫画のあらすじ

小野つばさは小学生の時に見た甲子園で野球の応援をする地元の白翔高校の吹奏楽部にに憧れを抱き、自分も甲子園で演奏するという夢を持って白翔高校に入学した。

しかし白翔高校は名門で強豪の吹奏楽部だった。


その初心者のつばさを待ち受けていたのは入部届と一緒に言い渡された入部テスト。
つばさには入部テストの課題がクリアできず入部すらできない状態が続く。


落ち込み諦めかけていた時に励ましてくれたのはクラスメートで


甲子園を目指す山田大介だった!


大介はすぐにうつむいてしまうというつばさの上履きニコちゃんマークを書く。

その大介の応援もあってつばさは入部テストをクリアし、無事白翔高校の吹奏楽部に入部することができた。


つばさは夢だったトランペットの練習を重ねる内に甲子園で応援するから


吹奏楽の甲子園と言われている普門館を目標にするようになる。


そして1年生の夏に野球部の大会がスタートします。
順調に勝ち進んでいく白翔高校だったが、決勝戦で大介の悪送球が原因で甲子園を逃してしまう。

その大介を励まそうと一人でトランペットを吹き続けるつばさはいつの間にか大介を好きになっていたことに気付く。


そしてつばさは大介に告白する!


その返事は・・・


つばさはフラレてしまう。


しかし大介はつばさに


甲子園に行けるまで彼女は作らない
絶対強くなる



と返事をし、二人はひとまずそれぞれの夢に向かって邁進することになる。


しかしその矢先に大介は練習で骨折してしまう・・・


以上が青空エールのあらすじです。


以下の記事では青空エールの結末についてネタバレしていますので、興味を持って漫画を読みたくなった方は注意してください。


青空エールの結末をネタバレ!つばさの普門館と大介の甲子園は?

3年生になったつばさと大介ですが


大介はついに甲子園出場を決める!


ついに甲子園の1回戦!
最終回ついに同点に追いつく白翔高校!

そして試合は延長14回の死闘!

そんな野球部をつばさ達は必死に応援しましたが、その結末は・・・

惜しくも破れてしまいます。


そして今度はつばさの番!

3年生になりコンクールのメンバーにも選ばれた成長したつばさは大会前に緊張する1年生をまとめあげます。


そして北海道大会2位で予選を通過し


全国への切符を手に入れる!


北海道大会を見に来てくれていた大介に急いで会いに行くと大介とつばさは初めてのキスをする。


普門館までの間、最後の追い込みの練習を行いついに第60回全国吹奏楽コンクール当日・・・

Sponsored Links

白翔高校吹奏楽部が狙うのは全国大会優勝を意味する


ゴールド金賞


そしてつばさ達の演奏が終わりました。
沸く会場!!

いよいよ発表!

その結末はなんと!


白翔高校吹奏楽部がゴールド金賞を獲得する!


全員で喜び合う部員たち。
そして会場にはもちろん大介の姿もありました。


青空エールの最終回

つばさは吹奏楽部
大介は野球部

をそれぞれ引退した。


二人は一緒に帰宅している中、大介は部活推薦で大学に行けそうで野球を続けるとつばさに伝えます。


そしてつばさに


一緒の大学へ行きたい
吹奏楽部に入って応援してほしい



と言う大介。


まだ吹奏楽を続けて吹きたいと思っていたつばさは大学に行っても応援したいと改めて思う。


大介とは違い部活推薦は無理だと思って、つばさだったが、先生は推薦してくれると言う。

しかしつばさも大介も成績を上げる必要があり、二人は今度は受験に向けてがんばることを誓う。


そして月日は流れ2月・・・

1、2年生からの追い出し会。

そこで3年生からスピーチがされ、もちろんつばさも話します。


そして最後にみんな合奏!

吹奏楽部の会が終了し、外で待っている大介と帰ります。


そして最後につばさと大介が青空の下で笑顔でそれぞれ

『がんばれ!』

と読者にエールを送っているような形で最終回は終了。


まとめ

青空エールは女性にも男性にもいい作品ですね。

恋愛
野球
吹奏楽

あらすじが恋愛だけではなく、上記のように軸が3つあって非常に面白かったです。


それにしても大介!
いいやつですし、やさしすぎですね笑

甲子園に行くまでは誰とも付き合わない宣言って。
いつの時代の人笑


ちなみにこの漫画恋愛の他に吹奏楽と野球の話がありますが、ここの描写が意外と現実的!


大介は甲子園1回戦で負けてしまいます・・・

最終回で同点に追いつき
10回で逆転されるも追いつき

盛り上がっていたんですけどね。
結構シビアな結末・・・


そして初心者のつばさは楽器が凄まじい速さで
上手く・・・なりません。

楽器の実力は後輩にも劣るレベル!


しかもかなり内気のため、回りにもかなり言われたい放題です笑


最後には


メンバーに選ばれますし
ゴールド金賞もとりますけど



そこまでの道は結構険しかったですね。


恋愛のことではなくて、吹奏楽部のことでいつも泣いてました。


二人が部活にがんばる姿がキラキラしていて、恋愛が中心のあらすじではないので
少女漫画はちょっと・・・

という男性にもおすすめの漫画ですね。


今回は青空エールの漫画のあらすじの結末や最終回をネタバレありでお届けしました。


⇒青空エールの実写映画のキャストは?ロケ地や主題歌も紹介

Sponsored Links