魔女の宅急便 ジジ

魔女の宅急便をラストまでみたときに
なんでジジ話せなくなったのか?
疑問に思いますよね。

今回は魔女の宅急便で
なぜジジが話せなくなったのか?
その理由についてみていきましょう!

Sponsored Links

ジジが話せなくなった本当の理由

原作でのジジが話せなくなるのは

キキの魔法力が弱まった

というのが理由です。


原作ではキキの魔法力が弱まって
ジジが話せなくなるということが
実際に起こっています。

ただ原作では

キキの魔法力が戻って
再びジジはしゃべり出しています。



ジブリアニメでも同様なことが
起こってはいます。

が!!

気になることが一つあります。


魔法力が弱まっていたキキは
ラストに再び魔法の力を取り戻しました。

ただ・・・

寄り添ってきた来たジジからは

「にゃー」

としか聞こえませんでした。


キキが魔法の力を取り戻したのであれば
ジジが再び話せるようになるのでは?

魔女の宅急便の一番の謎ですよね。


このジジが話せなくなった理由については
いろいろな解釈があります。

・キキの成長
・キキが恋をしたから
・ジジが恋をしたから
・ジジがねことして生きることを選んだ
・時間が経てばまた話すようになる

など言われています。


確かにキキは魔女としていろいろな
経験をしました。

恋はトンボとですね。

Sponsored Links

トンボとの恋はアニメでは
それほど深くは触れられることは
ありませんでした。

13歳ですからね。


原作ではキキは13〜35歳まで
時は流れていますので
キキとトンボの恋の話も
しっかりと触れられています。


ちなみにこのジジが
話せなくなった理由に
宮﨑駿監督は

「ジジの声はもともとキキ自身の声で、キキが成長したためジジの声が必要なくなった。変わったのはジジではなくキキ。」



と言っていたそうです。


このことから

原作と映画では根本的に
異なることがあります。

原作・・・ジジは実際に話している
映画・・・ジジは実際に話していない?

宮﨑駿監督曰く

ジジが話していたのははキキの心の声

と話していたそうなので
ジジは実際には話していないと
捉えるのがいいのかもしれません。


ただ観る人の判断に任せるといった
作り方をしているような気もします。

ジブリ作品そういった仕上がりに
するの得意ですもんね。

そのため自身のその時の年齢によって
作品の解釈が変わってきたりするため
何回觀ても飽きないのかもしれません。


魔女の宅急便の記事の続きを読みたい方はこちら♪

◆ アニメのその後
アニメのその後キキととんぼが・・・

◆ 声優
キキの声優は現在人気アニメのあのキャラだった!

◆ 実写映画
実写映画のキャスト一覧
実写映画が大コケ?批判されていた理由

Sponsored Links