ハウルの動く城 ジブリ

ハウルの動く城のあらすじをネタバレ!

2004年に上映されたハウルの動く城の
あらすじをネタバレしていきます!

Sponsored Links

ハウルの動く城あらすじをネタバレ!

ある日帽子屋のソフィーは妹のレティーの所に
行く途中、街に兵士に絡まれていた所を
不思議な能力を持つ青年に助けられる。

しかしその少年も何者かに追われていた。
追っ手から逃れるためにその青年はソフィーと空を飛んだ。

その青年は

「歩き続けて」

と言い、ソフィーが宙で足を動かすと不思議なことに宙を歩いていた。

ハウルの動く城 ハウル ソフィー

帽子屋に戻ったソフィーの元に先ほど不思議な
青年といたのを見ていた荒れ地の魔女
やって来る。
そしてソフィーを老婆にしてしまう。

「その呪いは人にははがせないから、ハウルによろしくね」

と言い残して荒れ地の魔女は消えていった。
突然の事に動揺するソフィー。

ハウルの動く城 ソフィー

次の日ソフィーの義母が戻ってくる。
老婆になった姿をみられるわけにはいかない
ソフィーは家出をする。


その道中杖になるような一本の枝を見つけた。
偶然にもソフィーは枝に挟まっているかかしを助けた。
すると先ほど助けたかかしがソフィーの後を
後ろから追ってきて杖を置いていく。

ソフィーは

「ついでに今夜泊まる家を連れて来てくれるといいんだけどね。」

と言ったのを聞いてかかしは去っていた。

すると突然ソフィーの前に

ハウルの城が現れた!!

恐る恐るハウルの城に入るソフィー。

疲れて休んでいた所に今度は火から声が・・・

「こんがらがった呪いだね。この呪いは簡単には解けないよ」

その火は悪魔で名前はカルシファー

ハウルと自分の契約内容を見破り、自分を
この場に縛り付けている呪いを解けば、呪いを
解いてやると言う。

その日ソフィーはそのまま眠りについた。


明くる日ドアを叩く音で目が覚める。
ハウルの城にはカルシファーの他にマルクス
というハウルの弟子の魔法使いの子供も住んでいた。

ソフィーはふと窓の外をみてみると外が
荒れ地ではなくなっていることに気付いた。
その家はダイヤルを回すと場所が変わる
魔法の家だった。

ソフィーはマルクルの朝ごはんの作ろうとしている中、ハウルが戻ってくる。
ハウルはソフィーが以前会った不思議な力を持つ
青年だった。

3人で朝ごはんを食べている中、ハウルは
ソフィーのポケットに荒れ地の魔女が残して
いった紙が入っていることに気付いた。
その紙をみたハウルは部屋を飛び出して行った。

ソフィーは掃除婦として城に住む事になった。

ハウルはどこに向かったのかというと戦争の前線にいた。

街へマルクルと買い物に出かけた際、ソフィー
は荒地の魔女の手下を見つけ、追うが手下は
消えていた。


城に戻ってくるとハウルの叫ぶ声が聞こえる。
ハウルはソフィーが掃除したせいで髪の毛の
色が変わって美しくなくなったとショックを
受けて闇の精霊を呼び出してしまっていた。

ソフィーは

「私なんか美しかった時なんか一度もないわ」

と言って泣きながら部屋を出て行く。

そんなソフィーの元にカブとマルクルが迎えに来た。
ソフィーは城に戻り、ハウルを介抱する。


ハウルは以前から師匠であるサリマンから
戦争への協力を要請されていた。
突然ハウルはサリマンに会いに言ってほしいと
ソフィーにお願いする。

城に向かっているとソフィーはハウルと
同じくサリマンから協力を要請されていた
荒れ地の魔女と遭遇する。

Sponsored Links

自分にかかった魔法を解くように言うソフィー
だったが、魔法の解き方を知らないようだ。

ついにサリマンと顔を合わせるソフィー。

ハウ ルの動く城 サリマン

サリマンはハウルが悪魔と取引をしたことを
嘆いていた。
そこへサリマンに魔力を奪われ、老婆になった
荒れ地の魔女が姿を現した。

サリマンはハウルが王国に

仕えるなら悪魔と手を切る方法を教える
仕えないなら魔法の力を奪う

と交換条件を持ちかけてきた。

そんなサリマンに

「ハウルは来ません!魔王にもなりません!悪魔とのことはきっと自分でなんとかします」

とその条件を突っぱねる!


そこへ王陛下に変身したハウルが現れるが、
本物の王陛下が現れて正体がバレてしまう。
サリマンと対峙するハウル!

ハウルはソフィーを先に逃し、自分は追ってきた追っ手と戰う。

夜になり、ハウルが城から帰ってくる。
ソフィーが部屋を覗くと獣のようになった姿のハウルを見つけた。

hauru1_2

そんなハウルにソフィーは

「あなたを愛してるの!」

と伝えるが、獣になったハウルは

「もう遅い!」

と言い、飛び立っていく。

翌朝ハウル達はサリマンにみつからないように
城の場所を移す。


サリマンはハウル達に次の策を立てる。
ファニーを使いソフィーと接触し、居場所を
突き止めたサリマンはハウル達に襲いにかかる。
それを迎え撃つハウル。

ソフィーはここでハウルが戰う理由が自分達が
いることだと考え、城を元の荒れ地に移し、
その城でハウルの元へ向かう。

魔力をなくしすっかり老いてしまった
荒地の魔女だったが、サリマンの葉巻きで
自身の野望を思い出し、カルシファーがハウル
の心臓を持っていることに気付く。

そして隙をみてカルシファーを奪う。
しかしその途端荒れ地の魔女は炎に包まれる。
ソフィーは荒地の魔女を助けるために水を
かけるとカルシファーの魔力が弱まり、
その一部がソフィーと共に谷底へと落ちてしまう。


カルシファーに水をかけたことでハウルが
消えたかもしれないと泣くソフィーだったが
そこで指輪が光った。

指輪は扉を指しており、その扉に入って
行くとハウルの子供時代に行き着く。

そこでソフィーはハウルがカルシファーと
契約した時の場面に遭遇する。
その時は指輪が割れ、元の世界に戻る。

ソフィーは去り際にこの言葉を言い残した。

「待ってて、あたしきっと行くから!未来で待ってて」

ソフィーはハウルがこの時のことを覚えていて
自分を待っていてくれたことがわかった。


扉を出るとそこにはハウルがいた!
二人は一緒にカルシファーの元へ行くが、
その瞬間ハウルは倒れてしまう。

ソフィーは心臓をハウルに返す。

カルシファーの魔法が解け、城は崩れ谷底に
落下したが、危機一髪のところカブに助けられる。
棒が折れ反応しないカブ。

そんなカブにソフィーはお礼を言い口づけをする。

すると!!!

カブは人間の姿になった!

ハウルの動く城 カブ

カブの正体は隣の国の王子で愛する者に
くちづけされないと解けない呪いにかかっていた。

ハウルは目覚め、ソフィーと抱き合う。

ヒンからその状況を報告を受けたサリマンは
戦争を終わらせようと動き出す。

その後カルシファーも戻り、また全員で
ハウルの動く城で暮らすことになる。


ハウルの動く城のあらすじのネタバレでした。

この作品ジブリでは意外とメジャーではないですよね。
もったいない!
名作だと思いますけどね。

⇒ハウルの動く城の原作の結末が全然違った・・・

Sponsored Links