おもひでぽろぽろ 原作

おもひでぽろぽろの映画はタエ子はトシオと
結婚するようなストーリ−で終了しました。
原作ではどうなったのでしょうか?
もしかしたら違うラストが?
と思いおもひでぽろぽろの原作をみてみました。

Sponsored Links

おもひでぽろぽろの原作

おもひでぽろぽろの原作は
岡本螢さんと刀根夕子さん
による漫画が元になっています。

この漫画が発行されたのは1987年
連載期間は約半年で全2巻出ています。

1987年の漫画なので今みるとかなり絵のタッチに時代を感じます笑

おもひでぽろぽろ 漫画


30年前ですもんね。


⇒おおかみこどもの雨と雪のその後原作がどうなったのか知りたい人は多いはず

おもひでぽろぽろの映画と漫画の結末

おもひでぽろぽろのラストでタエ子は東京行き
の電車を降り、トシオの元に向かいました。

その後タエ子とトシオはどうなったのでしょうか?
映画と原作の漫画は結末は同じなのでしょうか?

実は原作の漫画には27歳のタエ子の描写はありません・・・

27歳のタエ子は映画オリジナルです。

Sponsored Links

原作の漫画はもっとタエ子の普段の日常みたい
な感じで物語が進んでいきます。
ちびまる子ちゃんみたいな感じです。


そのためおもひでぽろぽろのラストは映画で
完結です!

ちなみにその後二人はどうなったのでしょうか?

物語のラストではタエ子とトシオの後ろで
タエ子の小5の時のクラスメート達が
相合傘で二人を祝福しているという内容で
終わりました。

その後原作の漫画にない以上、ここからは
想像になりますが、タエ子とトシオは結婚し、
農業を営んで一緒に暮らしていくという
ストーリーになると思われます。


⇒おもひでぽろぽろのネタバレありのあらすじから感想まで

おもひでぽろぽろのその後は監督はこうしたかった?

おもひでぽろぽろのその後はハッピーエンド♪
と思われますが、実はそもそも高畑勲監督が
描いていた映画の結末は違っていたようです。

高畑勲監督の描いていたラストシーンは
タエ子は東京行きの列車に乗り込みそこでエンドロール。
トシオと会うシーンはなかったそうです。

ちなみに宮﨑駿監督も同じ考えだったそうです。

ただ鈴木敏夫プロデューサーの考えにより
あのトシオとのラストカットが付け加えられた
そうです。

もしかしたら高畑勲監督は映画を観た人に
委ねる的な感じで終わるのが理想で
またタエ子とトシオが結婚どうこうという
意図でラストカットを付け加えたのではないかもしれません。

が!

映像にも文字にもなっていないので
「おもひでぽろぽろ」のラストは
タエ子とトシオのその後は結婚して
ハッピーエンド♪

という結末が一番しっくりきますね。

Sponsored Links