日本映画興行収入ランキング2015

2015年の日本映画の興行収入ランキング
今年は何が1位になるのでしょうか?
現時点での順位と予想をしてみました。

※最終結果を加筆しました

Sponsored Links

日本映画興行収入ランキング2015

1位:映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!
78.0億円

映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン! 興行収入


2位:バケモノの子 
58.5億円

バケモノの子 興行収入


3位:HERO
46.7億円

HERO 興行収入


4位:名探偵コナン 業火の向日葵
44.8億円

名探偵コナン 業火の向日葵 興行収入


5位:映画 ドラえもん のび太の宇宙英雄記
39.3億円

映画 ドラえもん のび太の宇宙英雄記 興行収入


6位:劇場版 ドラゴンボールZ 復活のF
37.4億円

劇場版 ドラゴンボールZ 復活のF 興行収入


7位:進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
32.5億円

Sponsored Links

kougyou1_14


8位:ビリギャル
28.4億円

ビリギャル 興行収入


8位:ラブライブ!The School Idol Movie
28.4億円

ラブライブ!The School Idol Movie 興行収入


10位:映画 暗殺教室
27.7億円

kougyou1_16


日本映画興行収入ランキングのベスト10の感想

2015年はあまりにも妖怪ウォッチが突出していましたね。
今後も妖怪ウォッチは毎年1位になりそうです。

そして10位以内にアニメ系が6作品!
アニメ映画は2015年も絶好調でした!


特にラブライブは健闘しましたね!
上位作品と比べると上映館が1/3以下にもかかわらず、この興行収入ですから続編が出るのも不思議ではありませんね。


気になるのはアニメ系以外の作品の続編ものですね。

2015年であれば

HERO
進撃の巨人

がそれにあたりますが、続編で大きく1作目より大きく興行収入を落としています。


HEROは

1作目が81.5億円
2作目が46.7億円


進撃の巨人は

1作目が32.5億円
2作目が16.8億円


ちょっと落ちすぎですね。

もちろん日本映画の興行としては成功といえると思います。

進撃の巨人などは凄まじい原作人気と期待値があったため、ちょっと物足りなさを感じてしまいますね。
ストーリーの改編などが影響し、原作ファンが足を運ばなかったのかもしれません。


ただこれは少し寂しいですね。
そうなるとやはり2016年も漫画・アニメの実写映画化に頼らざるを得なさそうです。

Sponsored Links