東京PRウーマン

東京PRウーマンが8月22日に公開になります。
この映画に原作はあるのでしょうか?
あらすじはどういったものがなのでしょうか?

Sponsored Links

映画東京PRウーマンのあらすじは?

主人公の美咲玲奈は銀行員。
仕事ではドジで失敗ばかり。

そんな美咲はある日PR会社であるベクトルで
働く友達から合コンに誘われて行く。
その合コンで出会った銀行員嫌いの会社社長
への心象を良くしようと自分もPR会社で
働いているとウソをついてしまう。

そして美咲玲奈PR会社に就職すべくベクトル
社の面接を受ける。
面接でも失敗続きだったが、ひょんなことから
社長に気に入られ合格。

彼女の上司となる人物は面接で彼女に半ば
あきれていた草壁亮・・・

美咲玲奈 草壁亮

仕事では案の定、草壁から怒られる毎日。

そんな中、美咲はある仕事で大成功する。
有頂天になる美咲だったが、その美咲に
大ピンチがおとずれる!

そんなピンチに上司の草壁は・・・

Sponsored Links

▼東京PRウーマン 予告



東京PRウーマンの舞台のベクトルは実在する?

映画「東京PRウーマン」原作はなく、
完全オリジナル作品です。
舞台となる会社は株式会社ベクトル

実はこのベクトル社一部上場している実在する会社です。

そしてこの東京PRウーマンの映画製作には
このPR会社であるベクトル社も携わっています。

この映画は

BS-TBS⇒製作
株式会社ベクトル⇒宣伝

を担っています。


PR会社のベクトル社がこの映画製作に
絡んでいるのには緻密な戦略があるようです。

今回の東京PRウーマンの製作は
「ストーリープレイスメントフィルム」
という手法を用いているようです。

それは何か?

映画という媒体を通じて企業・商品・サービスを理解してもらう手法です。

これをすることで、今回の東京PRウーマンの
例でいうと

映画自体の理解が深まり
PR会社という業界・会社の宣伝
就職・転職希望者への宣伝効果
低予算
など

が実現できるそうです。

おもしろい手法ですね!
もともとは海外で行われている手法らしい
のですが日本でも今後使われることがあるかもしれませんね。

Sponsored Links